沿革史

本校の歴史は古く、明治5年に作られた精勤学校にまでさかのぼります。本校に残されている学校沿革史 其二(明治42年4月)に記録が残されています。残念ながら其一は残っていません。
学校沿革史表紙 学校沿革史に残る蟹江小のルーツ 学校沿革史1ページ目
※クリックすると画像が拡大表示されます。
明治5年9月 精勤学校を創設
20年4月 蟹江学校・舟入学校を合併し、蟹江学校と呼ぶ
25年11月 蟹江尋常小学校と呼ぶ
42年4月 蟹江尋常小学校・舟入尋常小学校を併せ、蟹江尋常高等小学校と改称
昭和16年4月 蟹江国民学校と改称
22年4月 蟹江小学校と改称
28年11月 校歌制定(作詞サトウハチロー・作曲山田耕筰)
34年3月 旧北校舎(東)竣工
35年6月 旧北校舎増築(西)竣工
42年11月 西校舎(現中校舎)竣工
47年3月 管理棟竣工
54年1月 体育館竣工
54年4月 校区変更 蟹江川より西の地域、学戸小学校として分離独立
58年3月 プール竣工 同年6月17日プール開き
60年3月 管理棟特別教室増築竣工(図書室・図工室・音楽室)
63年3月 校訓碑建立
平成元年3月 博報賞受賞記念碑建立
3年6月 校門竣工
6年6月 プール シャワー温水化
7年3月 中校舎増築竣工(保健室・コンピュータ室・第2理科室)
16年3月 現北校舎新築
17年8月 中校舎耐震工事
19年6月 通級指導教室(オアシス)設置
20年8月 管理棟耐震補強工事
22年2月 体育館耐震補強工事、ICT環境整備

歴代校長

在任期間 校 長 名 蟹江小校旗
初代 明治42.4〜大正10.7 村上 清太郎
二代 大正10.7〜大正11.8 不破 要次郎
三代 大正11.9〜大正15.2 村瀬 清三郎
四代 大正15.3〜昭和11.3 後藤 俊重
五代 昭和11.3〜昭和14.3 桜井 顕三
六代 昭和14.3〜昭和24.1 鬼頭 寿之
七代 昭和24.1〜昭和26.1 富田 清一
八代 昭和26.1〜昭和31.3 西川 一保
九代 昭和31.4〜昭和32.3 小酒井 正義
十代 昭和32.4〜昭和36.3 伊藤   要 蟹江小学校校旗
十一代 昭和36.4〜昭和41.3 成田 e雄 蟹江小校章
十二代 昭和41.4〜昭和49.3 伊藤 新一
十三代 昭和49.4〜昭和53.3 山田 知恵
十四代 昭和53.4〜昭和58.3 吉田 海次
十五代 昭和58.4〜昭和60.3 中西  進
十六代 昭和60.4〜平成6.3 坂  美雄
十七代 平成6.4〜平成9.8 工藤 健三
十八代 平成9.9〜平成14.3 加藤 利彦
十九代 平成14.4〜平成18.3 河村 恒夫 蟹江小学校校章
二十代 平成18.4〜平成22.3 伊藤 昭三
二十一代 平成22.4〜平成27.3 伊藤 辰男
 現 平成27.4〜  木下 眞吾   

旧北校舎と新北校舎 旧北校舎(後ろに新北校舎建設中)